特例について

相続class=

思わぬ時に遺産相続問題が生じて、慌てて相続について調べる人が後を絶ちません。
相続する場面は通常なかなか予想しにくいことも多いので仕方のないことですが、逆に言えば普段から相続について学んでおくといざというときに冷静に対処できるというものです。
相続でまず一番知っておきたいのは法定相続です。
わかりやすく言うと、被相続人に対して、相続人が何人いるか、配偶者かどうかでその配分が決まります。
配偶者が相続人の場合は、遺産の半分を配偶者がもらうことになります。
その子供が3人いる場合は、配偶者がもらった残りの半分を3等分して分けます。
この法定相続というのは相続に関する決まりを被相続人が定めていなかったときに生じます。

相続をする場合には、相続税という税金がかかることを知っている人は多いと思います。
実はこの相続税は多くの人が払う必要のない税金です。
では、相続税を払う場面とはどんな場面でしょうか。
まず、相続税は5000万円までの相続金と1000万円×子供の人数を合計した数がそのまま控除になります。
これだけだとわかりにくいので例を出すと、被相続人に子供が3人いた場合は、5000万円分と1000×3人で3000万円の、合計8000万円まで支払わなくてもいいのです。
普通はそこまで多額を相続として貰い受ける家庭はよほどの金持ちか何かで、普通に生活をしている人はあまり関係がない話だと言えます。
このような基本的な法律は普段から知っておくといざというときにトラブルに技ずに済むのです。