流れについて

ゴールドclass=

土地や建物などの不動産を所有していると、固定資産税の納税義務が発生します。
時折、亡くなった親から家や土地を遺産相続することがありますが、相続した際に相続税の支払いが必要になるケースがよくあります。
その税金の支払いだけでも結構大きな負担になることが多いのですが、不動産を持っているだけで毎年固定資産税がかかりますので、いっそのこと売ってしまおうと考える人が少なくありません。
ただし、普通に売却したり業者の買取サービスを利用した場合にも税金がかかります。
不動産を手放すことによって得ることができた売却代金は譲渡所得にあたります。
そのため所得税がかかることになるのです。
不動産を手放した際に発生する税金のことを把握しておかないと後で大変な目にあう可能性がありますので、事前にきちんと調べておくようにしましょう。

不動産売買にからんで発生する税金のことを自分で調べようとしても、税法の表記は難しいので、素人では簡単に理解することができません。
また、軽減措置などの優遇策が頻繁に変わるのですが、何も専門知識を有していない素人がその変更をオンタイムでフォローし続けるのは容易なことではありません。
そんな時には、無理に自分で何とかしようとはせずに、専門家のサポートを受けるようにするのが一番です。
物件売買の仲介を依頼した不動産業者も相談にのってくれますが、一番望ましいのは税理士に相談してみるという方法です。
税理士は税金のエキスパートですから、相談者にとって一番有利な方法をアドバイスしてもらうことができます。
もちろん納税申告書の作成や納税手続きも代行してもらえますので、重宝することができます。